ナイジェリア大学で起きた銃撃事件

ナイジェリア大学で起きた銃撃事件

今年の5月に、ナイジェリア大学でとてもショッキングな事件が出来ました。
それは、ナイジェリア大学にある礼拝にて、この場所が襲撃された事で、
およそ20人が死亡したというショッキングな出来事がありました。

ナイジェリアにある北部カノでは「バイエロ大学」によって、
その一方で崇拝は、4月29日の午前8:30ごろの講義室のうちの1つによって行なわれました。

現われられた武装集団、1台の自動車および2台のモーターバイク、
射撃は加えられました。
また、手製爆弾4〜5個が放棄されました。

少なくともこの手製爆弾で20人が死にました。

実際の所は具体的な負傷者の数は明らかではありません。
大学は休暇中です。
また、ほとんど学生は崇拝に参加した信仰者以外のキャンパスにいなかったと言われています。

犯行声明は現われていませんが、
イスラム教過激派グループ"ボコ・ハラム"による攻撃の可能性があります。

ボコ・ハラムという名前は現地語で「西洋教育は犯罪である」を意味しています。
また、国全体のシャリアの導入を要求します。

これにより、国際テロ組織「アルカイダ」との協力も指摘されます。

このように、ナイジェリアという国自体は、余り安全な街ではないようですね…。

ナイジェリア大学の治安の改善ナイジェリア大学の歴史と文化

copyright(C)ナイジェリア大学