ナイジェリアの経済状況

ナイジェリアの経済状況

ナイジェリアの経済状況について、皆さんにご紹介していこうと思います。

状況の下で一般に言われる場合、それは以下の事を挙げる事が出来ると思います。

北部には多くのイスラム体制があります。
また、南部には多くのキリスト教システムがあります。

多民族国家です。

すべての人口のうちの2/3は、イボからハウサ・フラニー、
ヨルバ族(約18%)および人々(約11%)から人々(約50%)によって占められます。

民族間の対決意識は非常に大きいと言われています。

ラゴスのような市街地で働く人々はさらに同じです。
それが、ビジネスが実行される3者である場合、
監督するために作られる仕組みにより、構成をよく組織されており、
成功している例がうかがい知れます。

ナイジェリアのほとんどの輸出を油に依存しています。
南部湾では、国内では最大の数を誇る都市のラゴスに集中しているようです。

1000万人以上の人々が暮らしています。

尚、経済状況についてですが、これはラゴスを中心として生活が行われているようです。

このように、国としては決して大きな国ではありませんが、
ラゴスという街を中心として生活が行われているようです。

ナイジェリアは危険な国とも言われていますが、
ビジネス面では成功を収めているようです。

ナイジェリア大学の教育の実情ナイジェリア大学の治安の改善

copyright(C)ナイジェリア大学